子供の言語能力を伸ばす教育方法

1歳児から始める言語教育

1歳から出来る言語教育とは?

医師であり教育家であったモンッテソーリが唱えた教育は「自立していて、有能且つ責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」をモットーにしています。その教育カリキュラムは様々な教育現場で取り入れられていて、言語教育にも深く浸透しています。
言語教育と言うのは、言葉を使ってコミュニケーションを取るのはもちろんですが、知的発達に必要な情報や知識を吸収していく事を指しています。その為、小さな内から親御さんがお子さんに適切な言語教育を施して、言語・情操教育をしていくのが理想的な教育だと説いています。確かに親は子に読み聞かせや意思の疎通を試みたり、感情の表現方法を行ったりしますがこれらは全て言語教育です。
しかしなぜ今となって言語教育が注目を浴びているのでしょうか。いくつかの理由がありますが、適切な言語教育はお子さんの知的好奇心を伸ばしたり、情操教育に良く知育発達に役立ったりする事がわかっています。少しでもお子さんの才能を伸ばしたいと思う親御さんから、基本である言語教育を伸ばしたいと考えられている様です。コミュニケーションを取りながら教育が出来るので、スキンシップにも最適ですしお子さんに伝える言葉や表現なので親御さん側も気遣って対応していくので、自分自身のふるまいを見直すきっかけ作りにもなります。
そんな言語教育ですが月齢によって方法が違い、与える情報や目的も異なりますのでその点に着目して紹介しています。

言語教育ってどんな教育方法?

お子さんが1歳になるとこれまで以上に、発育がよくなり色々な物に興味を示したり、反応したりします。この反応を活かして言語教育をすれば、コミュニケーションだけでは無く発育にもよい事が分かっています。 但し1歳児にあまり難しい事を言っても理解してくれません。

2歳児から出来る言語教育

おしゃべりが上手になる2歳児はこちらが語りかけると、自分の意思をしっかりと示してくれます。この年齢にぴったりの言語教育は、自分を表現出来る様になる事です。 まだまだ言葉が覚えられないお子さんや、気持ちを表現出来ないお子さんにもぴったりの教育方法です。

4歳児に取り入れて欲しい言語教育

4歳になると感情の表現や意思の疎通が出来る様になり、お子さんからこちらに要求する事もあります。その歳に重要になってくるのが言葉使いです。 共感性が芽生える年齢でもあるので、周りのお子さんとの社会性を築く為にも言語教育は重要なポイントになっています。