言語教育ってどんな教育方法?

語りかけの重要性

お子さんが生まれて育児に時間を取られ、ふと考えるとイライラしたり落ち込んだりする。お子さんはかわいいのに、なぜこんなに余裕が無いのだろうか。そう思っている親御さんは多く、それを乗り切ってこそ育児と言えるという見方もあります。
早い子は1歳から少しずつ話す様になりますが、それでもまだ意思の疎通が取れていると言う感じはしません。しかし言葉にしていなくてもお子さんは親御さんの状況を感じていますし、この時期は耳や脳の発達が活発になるので定期的に語りかけをする事で脳に良い影響があります。
毎日30分だけでも良いので、お子さんに語りかけて脳の発達を促すのが言語教育の基本です。ちなみにその際の言葉は優しく、キレイな言葉使いを心掛けて下さい。

親御さんが気をつけるポイント

いくら自分の子供だからといって、意思の疎通が十分で無い人間に語りかけるのは疲れてしまう。確かに独り言の延長の様に思えますし、メンタルバランスによってはバカらしいと思えるかも知れません。
1歳児の場合は簡単な言葉で「わんわん」「ポンポン」といった短くて音を繰り返す言葉だと理解しやすいです。また行動が終わった後に説明するのではなく、現在進行形系で語りかけるとお子さんが理解しやすくよく反応してくれます。
また回数は多くなくて構いませんがお子さんの目線に合わせたり、名前を呼んで興味を引いてから語りかけを行ったりするとより多くの反応を示してくれます。同じトーンで話すよりも出来る限り抑揚をつけて少しだけ高めのトーンで話すのがおすすめです。


この記事をシェアする